此岸の傍観者

見たまま&気ままに写し撮ったものたち

甘木公園&大巳貴神社 

 

甘木公園も大己貴神社も、自宅から小一時間エリアにあり、車で日々移動する人間にとっては「ほぼ地元」のようなものである。

逆に「ほぼ地元」であるがゆえに、いつも素通りしてしまっていたのだが、花の途切れるこの季節(^_^;)の救世主となった。

 

 

**************************************

**************************

***************

これを機会に、ちゃんと正式名称を覚えよう

 

裏からの眺め

 

↑垂れ耳・ずんぐりマッチョ体型の狛犬さん↓

ちょっと好戦的?な狛犬さん

クンクンしてそう(笑)な狛犬さん

神体山遙拝所

青竹すくすく

手水盤に花

--------------------------------

----------------------------------------

--------------------------------------------------

 

この絶妙なバランスに惹かれる

この場所で約束のない人を待ちたい

小麦畑の黄金

疲れたらこの樹を思い出そう

 

どーだい?photo暮らし ~ 灯台下暗し(笑)

その日はちょっとした事件があって、上を下への大騒ぎをしたのだが、終わってみれば「なんだぁ???初動ミスかよ(;´д`)」というような顛末だった。

で、ポロリと口から漏れたのが今回のタイトルだったという・・・いや、だから何なんだと我ながら思うが、まぁ・・・意味不明は御勘弁願いたい。

要は気ままに撮った写真を呑気に並べている、という程度の事なのだった。

 

福岡天神・今益稲荷神社の「笑うお稲荷さん」

いつ見ても可愛らしい

-----------------------------------------------------

---------------------------------------

------------------------------------------------------------------

 

 

博多おさんぽマルシェ


-------------------------------------------------------------------------------------

 

山王寺(通称・たぬき寺) ~ 篠栗四国霊場 第六十一番札所

かえる寺で、しゃぼん玉巡りの情報を仕入れた。

県内六か所のお寺が共同戦線を張って、癒やし効果があるとされるしゃぼん玉が舞う光景をリリースしてくれているらしい。

うん、これは行かねばなるまい。

まずは二つの寺が点在する篠栗町で、たぬき寺と呼ばれる山王寺へ足を向けた。

この時点で高ポイント(笑)

たん・たん・たぬき・たん・たぬき

我が家にもお迎えしたい

こんな階段だったら百段あってもいい

ちょっと攻めすぎた?風鈴

風鈴となぜか五円玉オブジェ

 

風鈴に願いを込めて

こちらの御本尊も馨しい

そっと、そっと。

しゃぼん玉とのコラボ

刹那的なしゃぼん玉

揃いの衣装が愛らしい

さすがたぬき寺














 

腹ごなしに園内散歩 ~ 粕屋町・駕与丁公園②

バラは好きだ。 色はカラフルでキレイだし、種類も豊富で何時まででも見ていられる。

うん、見てはいられるが・・・流石にちょっと詰め込み過ぎたかもしれない。

いささか消化不良気味なので、一旦バラ園を外れて公園内を歩いてみた。

 

駕与丁公園のシンボルの風車とバラ

洋々とした池を囲む

池に棲む大蛇の正体は数多の鯉

何を撮ったのだろう??? あぁ、スズメだ

人との距離が近すぎる鳥たち

沢山の木の実が鳥たちを饗している

伸びやかな枝ぶりが好ましい

花と樹と空の対比はこれくらいが落ち着く

大木の元に人々が集う

 

ばら・バラ・薔薇 ~ 粕屋町・駕与丁ばら公園 ①

今年は桜が早かった。 藤も予想以上に早かった。

そうなら薔薇もめっちゃ早いんでないか?と思い立った5月某日。

数日後から「バラ祭り」が開催されるというニュースも決め手となった。

----・・大勢の人出は避けたい。 だってヘボなんだもん(笑)

それはともかく、出遅れて盛りを逃すよりは八分咲を良しとすべし。

そんな心持で臨んだバラ公園はすっかり満開だった・・・(^_^;)

 

 

・・・・そろそろ胸焼けがしてくる時分では?

 

 

これだけ撮っていても、全種類網羅できた気がしない・・・(^_^;)

それほどの見応えのあるバラ園なのだった。

道を歩けば花に当たる ~ もう図鑑でもいいや

新しいカメラに慣れるためには、失敗を恐れないで沢山写さなければならないと某指南書に書いてあったのを実践している。

様々な被写体に出会いたいと思うのだが・・・行動半径が狭いのか偏っているのか、フォルダーに溜まっていくのは平々凡々な草花の写真ばかり(^_^;)なのであった。

 

訴求力のあるピンク

眩く白い花

そっと咲く

仲良し姉妹(笑)

今年は筍をたらふく食べた

花かと思ったら枝だった

つつじなのにストロベリーレッド

深窓の令嬢

ヒヨドリの好物

緑の実り

--------------------------------------------
----------------------------

----------------------------------------------------

花の名前が調べられるアプリがあるという。

インストールするべきか悩む今日此の頃なんである。

 

かえる寺リターン ~ 小郡市・如意輪寺

新しい相棒「あるぴ~」との連帯を深めるべく、緑豊かで賑やかしい人気スポットの如意輪寺(通称かえる寺)を訪れた。

 

桜は過ぎた、紫陽花には今少しという時季なので、今回のテーマは「遠景・近景」とし、とりあえず「なんか色々と撮ってみっか」といつも以上に気ままなアプローチとなった。

 

令和の蛙が吹くのはシャボン玉

思わず童謡を口ずさんでいた

そして緑の傘

季節柄鯉のぼり・・・そして

フライング・フロッグ(笑)

さすが、かえる寺ならでは。

足元の小さな森

このカオス感がたまらない

鎹鴉(かすがいがらす)ならぬ鎹蛙(かすがいかわず)

緑の道

シャボン玉にフューチャー

この御本尊・・・ムーディ過ぎる(^_^;)

恋とは脳内がとっ散らかる事だ

声なき仏に諌められる

ここは癒やしの場

----------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------

-----------------------------

 

植物図鑑でも作りたいのか?と自問してから、一つとして花の名が判らない自分に苦笑するしかない。