此岸の傍観者

見たまま&気ままに写し撮ったものたち

とりあえず出発してから考えよう ~ 大日寺&御手水の滝

この梅雨時期なので、そもそも遠出を想定してはいなかった。 昼前に雨が上がれば、北九州に石橋を見に行きたかったし、昼過ぎならば飯塚のお寺に行くのもいい。 だが・・・おやつ時に近い時刻から出かけられる先は考えていなかった。 しかも夕方には戻ってい…

どーだい?photo暮らし ~ 癖だから仕方ない

変なタイトルで御目汚しだな、と思っていたのはホントである。 が、この「変さ」がオモシロイと言っていただいたので、再度使ってしまう辺りが「面の皮の厚さ」なワケだが。 今回このタイトルにしたのは「・・・ちょっと何を狙って撮っているのか判らない」…

花と神社があれば何もいらない② ~ 福津市・宮地嶽神社

この日のメインはもちろん「菖蒲まつり」だったが、撮れ高がイマイチな感じだったので、小雨をやり過ごしながら「奥の院巡り」に行ってみることにした。 どこの神社でも、というワケではないが、「奥の院」の方がオモシロイという事が多々あるのは何なのだろ…

千鶴寺(通称ふくろう寺)~ 篠栗四国霊場 第十二番札所

忘れ物はなんですか? 見つけにくいものですか?と井上陽水氏が歌っていたの30年近く前の事だが、そのメロディを思わず口ずさんでしまった。 そう、忘れ物があったのである。 ついでに見つけにくいと言えば、見つけにくいのだろう・・・が、幸か不幸か見つけ…

花と神社があれば何もいらない① ~ 福津市・宮地嶽神社

今年は花の時期になるだけ合わせて遠征しようと思っている。 なぜなら。 菜の花----間に合わなかったし。 ポピー----気がついたら終わってたし。 梅---------タイミングを逃したし。 藤---------いつ咲いたかすら判らなかったし。 ヘボ写真に文句を言わない…

棚田と海と神社と石仏群と④ ~ 佐賀県 玄海町・唐津市

棚田も見た、海も見た、神社も見た、というワケで残すは石仏群だけである。 これは偶然が偶然、偶然に出会ったレベルの邂逅で、そろそろ帰路に就こうかとメイン通りへ車を進めていた時に、たまたま目にした道路標識に書かれていたのだ「鵜殿石仏群」と。 ど…

棚田と海と神社と石仏群と③ ~ 佐賀県 玄海町・唐津市

医王寺と同じ唐津市相知町には日本の滝百選にも選定された、九州最大級の落差を誇る「見帰りの滝」という名瀑がある。 紫陽花の名所としても有名で、あじさいまつりのシーズンにはライトアップも行われるらしいが、何せ行き当たりばったりのアクセスなので今…

棚田と海と神社と石仏群と② ~ 佐賀県 玄海町・唐津市

メインとなるべき「絶景の棚田」で惨敗した玄海町だが、まだまだ出会えるモノがあるはずと、観光案内板(正当なものを探す)と方向音痴(イレギュラーなものを探す)の感を頼りにドライブ続行である。 海があり風があり風車がある その海と人を守る三嶌神社 深く…

棚田と海と神社と石仏群と① ~ 佐賀県 玄海町・唐津市

階段フェチが原因となっているかどうかは不明だが、棚田が好きだ。 しかも海に向かって拓かれている棚田が、車で数時間の距離にあるとは、なんという僥倖だろう。 高速道路を使えば所要時間は短縮されるが、目的地を目指して心弾ませる時間が減るのはもった…

甘木公園&大巳貴神社 

甘木公園も大己貴神社も、自宅から小一時間エリアにあり、車で日々移動する人間にとっては「ほぼ地元」のようなものである。 逆に「ほぼ地元」であるがゆえに、いつも素通りしてしまっていたのだが、花の途切れるこの季節(^_^;)の救世主となった。 *********…

どーだい?photo暮らし ~ 灯台下暗し(笑)

その日はちょっとした事件があって、上を下への大騒ぎをしたのだが、終わってみれば「なんだぁ???初動ミスかよ(;´д`)」というような顛末だった。 で、ポロリと口から漏れたのが今回のタイトルだったという・・・いや、だから何なんだと我ながら思うが、…

山王寺(通称・たぬき寺) ~ 篠栗四国霊場 第六十一番札所

かえる寺で、しゃぼん玉巡りの情報を仕入れた。 県内六か所のお寺が共同戦線を張って、癒やし効果があるとされるしゃぼん玉が舞う光景をリリースしてくれているらしい。 うん、これは行かねばなるまい。 まずは二つの寺が点在する篠栗町で、たぬき寺と呼ばれ…

腹ごなしに園内散歩 ~ 粕屋町・駕与丁公園②

バラは好きだ。 色はカラフルでキレイだし、種類も豊富で何時まででも見ていられる。 うん、見てはいられるが・・・流石にちょっと詰め込み過ぎたかもしれない。 いささか消化不良気味なので、一旦バラ園を外れて公園内を歩いてみた。 駕与丁公園のシンボル…

ばら・バラ・薔薇 ~ 粕屋町・駕与丁ばら公園 ①

今年は桜が早かった。 藤も予想以上に早かった。 そうなら薔薇もめっちゃ早いんでないか?と思い立った5月某日。 数日後から「バラ祭り」が開催されるというニュースも決め手となった。 ----・・大勢の人出は避けたい。 だってヘボなんだもん(笑) それはと…

道を歩けば花に当たる ~ もう図鑑でもいいや

新しいカメラに慣れるためには、失敗を恐れないで沢山写さなければならないと某指南書に書いてあったのを実践している。 様々な被写体に出会いたいと思うのだが・・・行動半径が狭いのか偏っているのか、フォルダーに溜まっていくのは平々凡々な草花の写真ば…

かえる寺リターン ~ 小郡市・如意輪寺

新しい相棒「あるぴ~」との連帯を深めるべく、緑豊かで賑やかしい人気スポットの如意輪寺(通称かえる寺)を訪れた。 桜は過ぎた、紫陽花には今少しという時季なので、今回のテーマは「遠景・近景」とし、とりあえず「なんか色々と撮ってみっか」といつも以上…

世界文化遺産「神守る島・大島」そのオマケ

大島は世界文化遺産であり、魚釣りのメッカであり、有名な観光地でもあるので主立った場所の素晴らしい写真が多くの人によって掲載されている筈。 なので、「・・・なんでそんなモノを?」という、恒例のオマケ写真をここではご紹介させて欲しい。 なんせ、…

世界文化遺産を擁する島 ~ 宗像市・大島

ここ最近、仲間内では離島がちょっとしたブームである。 それもフェリーで数時間も揺られ・・・などという本格派のモノではなく、乗船時間は せいぜい30分足らずという「手近な」もので、ついでに美味しい魚料理が食べたいと いう「気軽な」目的を満たし、…

ウォーミングアップ中 ~ 身近な花たち

長年連れ添ったデジカメからミラーレス一眼カメラに乗り換えた。 ・・・重い(^_^;) はともかくとして。 まだ全然使いこなせていないどころか、お任せモードですら微妙すぎる。 人目につかないご近所の公園で、文句を言わない花たちを相手に こっそり&ひっそ…

桜を見た記憶 ~ 福岡市・西公園

今年は桜を見た。 いっぱい見た。 とにかく見た。 なのに記録がないのはどうしたことだ??? ・・・答えは簡単。 デジカメではなく、スマホで撮っているから。 ・・・・・・いかんだろう(^_^;) という訳で、撮影場所がはっきりしている桜をここに残していく…

此岸の観戦者 ~ HAWKS VS FIGHTERS by PayPayDOME

コロナ渦に翻弄された昨年と一昨年。 無観客試合だの何だので、すっかり野球観戦から縁遠くなっていたくせに「でも球場で やっぱりビールを呑みながら野球が見たいやね」という脳天気なこちらの呟きを、野球 の女神はどうした訳か聞き逃さずにいてくれたらし…

平尾台 ~ こんな時期だから②

例によって「行きあたりばったり」の行軍(笑)なので、これで雪など降ろうものなら「天は我を見放したぁ!!」と叫んでしまうだろう道なき道を進む。 しかもスマホは車の中に置き忘れるという大失態。 遭難する気満々な自分にちょっと引くが、さすが天下の名…

平尾台 ~ こんな時期だから①

長らく(と言うか、生まれてこの方)福岡県民をやっているが、意外と知ってはいても行ったことのない名所が多いことを思い知らされる今日此頃。 コロナの第六波が近日中に押し寄せてくる事がほぼ確定されている今だからこそ、広くて、ソーシャルディスタンスが…

福岡良いとこイルミネーションまみれ ~天神・博多~

コロナ渦が一時的・・・もしくは奇跡的に息を潜めたかのような12月の中旬に、我慢の多かった一年を労るという名目でイルミネーションを見に行きました。 まずは天神・パサージュ広場 夕暮れ間近の淡い輝き 天神のこの時期限定の新名所 福岡市役所前の広場が…

紅き葉のおまけ ~楽しんだもの勝ち~

呑山観音寺は懐の深い場所である。 言葉は悪いが「間口が広く」て「なんでもアリ」で「一切合切OK」な「どんとこい!!」の気に満ちている。 紅葉を楽しむだけではもったいない空間なのだ。 大黒天 どこかで会ってそうな大黒天 吸引力の強いお稲荷さま 大人…

紅き葉を愛でる ~篠栗町 呑山観音寺~

少々へっぽこな腕でも、若干センスが悪くても、紅葉はそれなりにきれいに写せるからありがたい・・・と毎年言い訳をしつつ、今年も「紅き葉」を切り撮りに出かけました。

宗像あなごちゃん祭り2021

美味と噂の宗像産天然あなごを堪能すべく、美味しいもの検索隊(笑)の面々と「御宿はなわらび」さんに出かけました(^o^) まずは全景「あなご御膳」 あなごのお刺身 あなごの天ぷら一本揚 地元魚の和え物(ビールがめっちゃ飲みたくなる味) あなご鍋(蓋をとった…

ひふみよ橋 ~八女市上陽町~

石橋があったら素通り出来ない・・・そんなサガを持つ身である。 目的地は別にあり、通過点でしかなかった町に「石橋」があると知ってしまえば素通りは難しい。 なんなら出発時間を調整してでも見て廻りたい。 もちろん、行きあたりばったりなのもお約束なの…

篠栗 九大の森 ~たぷたぷの水面をめざして~

篠栗九大の森は篠栗町と九州大学が共同で整備、管理している森。 中心をなす蒲田池を囲むように自然豊かな遊歩道があり、そのあちこちで 心癒される風景を眺めることができます。 特にオススメなのが「水辺の森」で、ヌマスギとも呼ばれるラクウショウの木立…

八角トンネルと石橋たち ~熊本県 夏のお出かけ編④~

夏の熊本ドライブもいよいよ終盤。 熊本が誇る名所のひとつ、通潤橋へとコマを進めます。 この通潤橋は一箇所で二度オイシイ(笑)と言いますか、橋の目と鼻の先の 距離に「五老ヶ滝」がありまして、これがなかなかの見どころでした。 五老ヶ滝 50mほどの落差…